第41回 
 愛の泉チャリティコンサート感謝報告

 2016年6月25日(土)、パストラルかぞ大ホールにて、第41回愛の泉チャリティコンサート、荒馬座「希望の詩」が開催されました。当日は、雨が降りそうな曇り空のあいにくの天気にもかかわらず、700名近い皆さまと一緒に荒馬座の公演を楽しむことができました。太鼓の音が心に響いてくる、素晴らしいコンサートでした。来場いただきました皆さま、また広告協賛等でご協力いただいた方々に心よりの感謝を申し上げます。有難うございました。
東日本大震災から5年が経過し、支援活動もひとつの節目を迎えているように見えます。しかしながら、依然として復興への長い道のりを歩んでいる方々が多いことと思います。今回の演目である「希望の詩」は、震災で被災された方々を忘れないようにしたい。そして、芸能の力で命の重みと人々が生きた証を伝えたいという民族歌舞団・荒馬座の願いが表れた力強い舞台となりました。愛の泉においても、東日本大震災で被災された方々を覚えて、150名の職員等をボランティア派遣し、580万円を超える義援金を送り支援してきました。
 このチャリティコンサートが、被災されて頑張っている方々の励ましになったのではないかと思っています。今回の益金は、児童養護施設・愛泉寮の高校卒業後の児童進学資金「いずみ奨学金」の財源確保と、東日本大震災の義援金の一部として、また、本年度整備が予定されている学童保育室の改修を含めたエリザベスハウスの改修工事の建設資金の一部として有効に使わせていただきます。
プログラム内容
 

 
創立者・理事長ご挨拶
広報誌
教会のご紹介
広報誌
アクセスマップ
教会のご紹介
教会のご紹介
アクセスマップ